素粒子論(大野木)グループ

スタッフ

大野木 哲也(教授)田中 実 (助教)深谷 英則(助教)

研究分野

素粒子物理学、対称性とダイナミックス、格子理論

研究目的

ゲージ理論に基づいた素粒子の基礎理論を研究する。標準理論で説明できない現象や、現象の背後に隠されたダイナミックスや対称性の破れに着目し、新しい時代の素粒子の基礎理論の確立を目指す。

研究テーマ

1. 格子ゲージ理論とその応用
2. フレーバー構造と CP 対称性の破れ

研究内容

1.格子理論を用いた場の理論の研究

・格子 QCD のフレーバー物理とカイラルダイナミクスへの応用
・新しい場の理論の非摂動的定式化の研究
・物性系への応用

2. フレーバー構造と CP 対称性の破れ

・B 中間子の物理
・ニュートリノの物理

研究協力

素粒子理論(細谷)グループ,素粒子理論(橋本)グループ,素粒子理論(窪田)グループとは共同でさまざまな研究活動を行っている。毎週、コロキウムと文献紹介セミナーを全員参加で開催している。実験や観測との関連を特に重視し、阪大の実験グループや他大学,研究所の実験・理論グループとも積極的な交流を行っている。