深谷英則のページ 

ホーム 研究 授業 NEWS English

自己紹介

大学院理学研究科 物理学専攻 素粒子論(大野木)研究室 助教

素粒子論、おもに格子ゲージ理論の手法を用いて量子色力学(QCD)のダイナミクスを研究しています。 みなさんのからだをつくる原子は陽子、中性子、電子からできており、陽子、中性子はクォーク、グルーオンからできていることがわかっています。そのクォーク、グルーオンを記述するのがQCDです。この理論は強い相互作用を持つため、解析することが困難な理論です。しかし、それだけにやりがいのある研究課題でもあります。スーパーコンピュータによる数値シミュレーションや、低エネルギー有効理論、ランダム行列理論などを用いて研究を進めています。

連絡先

560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-1 大阪大学大学院理学研究科物理学専攻素粒子論研究室
hfukaya(アットマーク)het.phys.sci.osaka-u.ac.jp  

経歴

(CVはこちら)
1978年 5月 生まれる。
2006年 3月 博士(理学)取得 [京都大学]
2006年 4月 理化学研究所 川合理論物理学研究室 協力研究員
2007年 10月 仁科科学財団 海外派遣研究員 (ニールスボーア研究所、デンマーク)
2008年 3月 第2回日本物理学会若手奨励賞受賞
2008年 4月 日本学術振興会特別研究員PD
2009年 1月 名古屋大学 GCOE 特任助教
2010年 4月 大阪大学 助教

リンク