/

連絡先 / Contact me

〒560-0043
大阪府豊中市待兼山町1-1
大阪大学大学院理学研究科物理学専攻素粒子論研究室

06-6850-5761
nakanishi[at]het.phys.sci.osaka-u.ac.jp

  • Quantum Field Theory (in Curved Spacetime)
  • (Particle) Cosmology
日付題名備考
2013-02-18 宇宙膨張とQuintessence (review) 卒業論文
2015-02-03 Regularization and conformal transformations of the power spectrum in general single field inflation
(一般的な単一スカラー場インフレーションモデルにおけるパワースペクトルの正則化及び共形変換)
 インフレーションモデルを特定する方法として、宇宙背景放射の温度ゆらぎの解析は一つの重要な学問分野となっている。ゆらぎの振幅のフーリエ変換であるパワースペクトルの関数形を理論・観測の双方から求め、比較することでインフレーションモデルや宇宙論パラメータ等に制限をつける事ができる。
 観測されているパワースペクトルはほぼスケールに依らず、フーリエ積分をする事で理論的にはゆらぎの振幅に発散が現れる。従来は積分範囲にカットオフが存在する等としてこの発散を取り扱っていたが、近年、パワースペクトルそのものから発散部分を取り除く断熱正則化という手法が議論されている。
 本研究では、パワースペクトルへの断熱正則化の応用についてレビューした。また、これまでスローロールモデルの場合のみ詳細に調べられていた断熱減算項について、より一般的なラグランジアンの単一スカラー場モデルへと拡張した。同様に、単一スカラー場とスカラー曲率との相互作用があるモデルについても断熱減算項を計算し、それがフレームに依存しないことを示した。
修士論文
2015-06-10 Adiabatic regularisation for power spectra in k-inflation
(, , , )

2016-10-19 Meaning of the field dependence of the renormalization scale in Higgs inflation (Meaning of prescriptions I and II in Higgs inflation)
(, , , )

2017-09-28 Higgs inflation puts lower and upper bounds on tensor-to-scalar ratio and on Higgs-portal-dark-matter mass
(, , , )
日付題目研究会番号場所
2013-11-04 to 06 Symmetries for Axion International Workshop on "Theoretical Particle Physics 2013 - 天橋立荘(京都)
2014-03-10 to 12 負の圧力を持つ成分が宇宙膨張に及ぼす効果 卓越した大学院拠点形成支援補助金による「卓越スクール」 P2-11 白浜荘(滋賀)
2014-06-28 The adiabatic regularization for primordial cosmological perturbations 2014年度関西地域セミナー - 奈良女子大学
2014-08-04 to 09 Adiabatic regularization for primordial perturbations 2014年度原子核三者若手夏の学校 - パノラマランド木島平(長野)
2014-11-03 to 05 Adiabatic regularization of power spectrum for non-minimal k-inflation International Workshop on "Theoretical Particle Physics 2014" - サンライズ淡路(兵庫)
2014-11-10 to 14 Adiabatic regularization of power spectrum for non-minimal k-inflation The 24th Workshop on General Relativity and Gravitation (JGRG24) JGRG24(2014)P16 IPMU(千葉)
2015-03-09 to 11 宇宙のゆらぎを読み解く一つの方法 物理院生春の学校 S1-7 休暇村 南紀勝浦(和歌山)
2015-03-21 to 24 Non-minimal inflationモデルにおけるパワースペクトルの断熱正則化
(with Allan L. Alinea, 窪田高弘, Wade Naylor)
日本物理学会 第70回年次大会 22aDM-1 早稲田大学(東京)
2015-08-17 to 22 Effective sound speed problem 2015年度原子核三者若手夏の学校 - ホテルたつき(愛知)
2015-11-02 to 04 Conformal frame (in)dependence of effective quantities International Workshop on "Theoretical Particle Physics 2015" - 赤穂研修センター みさき(兵庫)
2016-03-03 to 05 時空としての宇宙 物理院生春の学校 S2-1 休暇村 南紀勝浦(和歌山)
2016-03-19 to 22 有効ポテンシャルをフレームに依らずに計算するための処方箋
(with 尾田欣也, 川合光, 濱田雄太)
日本物理学会 第71回年次大会 21pAL-12 東北学院大学(宮城)
2016-03-25 to 27 Effective potential does not depend on frame but on prescription 松江素粒子物理学研究会 - 島根大学(島根)
2016-05-07 to 08 Effective potential under criticality New Higgs Working Group - 富山大学(富山)
2016-07-31 to 08-05 Higgsインフレーションとくりこみ 2016年度原子核三者若手夏の学校 - 黒姫ライジングサンホテル(長野)
2016-09-05 to 09 Meaning of prescriptions I and II in Higgs inflation 基研研究会 素粒子物理学の進展2016 - 京都大学 基礎物理学研究所(京都)
2016-09-21 to 24 処方箋と新しいヒッグスインフレーション機構 日本物理学会 2016年秋季大会 23aSC-4 宮崎大学(宮崎)
2016-10-15 to 16 Meaning of prescriptions I and II in Higgs inflation New Higgs Working Group - 富山大学(富山)
2016-11-03 to 04 Higgs inflation and prescriptions International Workshop on "Theoretical Particle Physics 2016" - 大阪大学(大阪)
2017-07-31 to 08-04 Higgs inflation predicts observable primordial gravitational waves 基研研究会 素粒子物理学の進展2017 - 京都大学 基礎物理学研究所(京都)
期間業務内容
平成24年11月~平成25年1月 大阪府立生野高等学校SSH探究アドバイザー
平成25年10月~平成26年2月 大阪大学大学院理学研究科外国人特別チューター
平成26年4月~9月 大阪大学全学教育推進機構JTA
平成26年4月 物理学科1年生研修旅行における引率業務等の補助
平成26年8月 大学説明会における学科イベント等の準備、補助業務
平成27年4月~平成28年3月 大阪大学全学教育推進機構STA
平成27年7月~平成28年3月 大阪大学RA
平成28年4月~平成29年3月 大阪大学大学院理学研究科STA
平成28年7月~平成29年3月 大阪大学RA
平成29年7月~平成30年3月(予定) 大阪大学RA
  • 修士(理学)
  • 高等学校教諭専修免許(理科)
  • 基本情報技術者

6月3日女子学生向けイベント

【女子高校生向けイベント】理系進学を考えているあなたへのぞいてみよう!理系女子の「いま」ーSciTech Girls in Handaiー で使ったポスターとデモンストレーションプログラムです。
デモの説明はまた後日充実できたら。